材料・計算力学研究室

先端材料システム学講座 萩原研究室


研究内容:
  1. メッシュレス法の構造問題適用に関する研究.
  2. 人工膝関節および人工股関節の有限要素法解析の研究
  3. 粒子法を用いた生体内の衝撃解析の研究
  4. 高温冷却系配管のクリープ損傷の有限要素解析に関する研究.
  5. 高温状態で繰り返し荷重を受ける亀裂板のクリープ疲労破壊に関する研究.
  6. 粒子分散ポリマーアロイのクリープ破壊現象に関する.
  7. シェル構造物の動的座屈現象に関する研究.
  8. シェル構造物のクリープ座屈現象に関する研究.
   当研究室では構造問題における計算力学を主体として研究を行っており、当研究室で上記の研究を行う解析プログラムを開発し,あるいは汎用プログラムを用いて解析を行っています。