先端材料システム学講座│佐賀大学理工学部機械システム工学科

HOME

教員紹介

只野 裕一

English
只野 裕一

准教授
只野 裕一 (ただの ゆういち) mail
主な職歴
平成14年(2002年) 4月 九州大学大学院工学研究院助手(2004年3月まで)
平成17年(2005年) 4月 慶應義塾大学理工学部助手
平成19年(2007年) 4月 慶應義塾大学理工学部助教
平成20年(2008年) 4月 佐賀大学理工学部准教授
平成22年(2010年) 4月 佐賀大学大学院工学系研究科准教授
現在に至る.

この間に
平成19年(2007年)10月〜平成20年(2008年)3月 木更津工業高等専門学校非常勤講師
平成24年(2012年)10月〜継続中 CAEユニバーシティ講師
平成27年(2015年)4月〜平成28年(2016年)3月 カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員
主な研究内容
● 結晶塑性論に基づく多結晶金属材料のマルチスケール解析に関する研究
● 数値解析による延性金属材料の成形限界予測に関する研究
● 非線形有限要素法における解析精度に関する研究
受賞
2010年6月 日本材料学会 第59期優秀講演発表賞
2012年10月 Registration fee waiver for young researchers and engineers, International Computational Mechanics Symposium 2012
2014年6月 日本機械学会 第26回計算力学講演会優秀講演表彰
2015年7月 日本計算力学連合 JACM Young Investigator Award
2017年5月 JSME-KSME Joint Symposium Best Paper Award
指導学生の受賞
2013年3月 日本機械学会九州学生会第44回学生員卒業研究発表講演会優秀講演賞(吉原唯)
2013年3月 日本機械学会九州学生会第44回学生員卒業研究発表講演会優秀講演賞(永野拓也)
共同研究者の受賞
2011年12月 日本材料学会塑性工学部門委員会優秀学生講演発表賞(上田亮)
2013年6月 日本材料学会第62期優秀講演発表賞(近藤瑠歩)
2013年10月 日本機械学会M&M2013材料力学カンファレンス優秀講演表彰(近藤瑠歩)
著書
  • 例題で学ぶ連続体力学, 石井建樹, 只野裕一, 加藤準治, 車谷麻緒, 森北出版, 2016
  • 工学基礎 はじめての線形代数学, 佐藤和也, 只野裕一, 下本陽一, 講談社, 2014
主要な研究業績
  • A crystal plasticity modeling considering volume fraction of deformation twinning, Yuichi TADANO, Yui YOSHIHARA, Seiya HAGIHARA, International Journal of Plasticity, 84, pp. 88-101 (2016)
  • Hydrostatic pressure dependent crystal plasticity by homogenization-based finite element method, Yuichi TADANO, Seiya HAGIHARA, ISIJ International, 56, pp. 700-707 (2016)
  • Formability of magnesium sheet with rolling texture, Yuichi TADANO, International Journal of Mechanical Sciences, 108-109, pp. 72-82 (2016)
  • Crystal plasticity analysis of development of intragranular misorientations due to kinking in HCP single crystals subjected to uniaxial compressive loading, Tsuyoshi MAYAMA, Tetsuya OHASHI, Yuichi TADANO, Koji HAGIHARA, Materials Transactions, 56, pp. 963-972 (2015)
  • Molecular chain plasticity model similar to crystal plasticity theory based on change in local free volume and FE simulation of glassy polymer, Hideyuki HARA, Hironori NADA, Yuichi TADANO, Kazuyuki SHIZAWA, International Journal of Mechanical Sciences, 93, pp. 120-135 (2015)
  • A phase-field model of twinning and detwinning coupled with dislocation-based crystal plasticity for HCP metals, Ruho KONDO, Yuichi TADANO, Kazuyuki SHIZAWA, Computational Materials Science, 95, pp. 672-683 (2014)
  • Anisotropic deformation induced by spherical indentation of pure Mg single crystals, Hiromoto KITAHARA, Tsuyoshi MAYAMA, Keita OKUMURA, Yuichi TADANO, Masayuki TSUSHIDA, Shinji ANDO, Acta Materialia, 78, pp. 290-300 (2014)
  • Phase-field simulation of static recrystallization considering nucleation from subgrains and nucleus growth with incubation period, Mayu MURAMATSU, Yoshiteru AOYAGI, Yuichi TADANO, Kazuyuki SHIZAWA, Computational Materials Science, 87, pp. 112-122 (2014)
  • Work-hardening behavior of polycrystalline aluminum alloy under multiaxial stress paths, Kengo YOSHIDA, Asato ISHII, Yuichi TADANO, International Journal of Plasticity, 53, pp. 17-39 (2014)
  • Plastic flow localization analysis of heterogeneous materials using homogenization-based finite element method, Yuichi TADANO, Kengo YOSHIDA, Mitsutoshi KURODA, International Journal of Mechanical Sciences, 72, pp. 63-74 (2013)
  • Quantitative re-examination of Taylor model for FCC polycrystals, Yuichi TADANO, Mitsutoshi KURODA, Hirohisa NOGUCHI, Computational Materials Science, 51, pp. 290-302 (2012)
  • Geometrically nonlinear analyses using 2-dimensional generalized finite element enriched by the quadratic deformation mode, Yuichi TADANO, Hirohisa NOGUCHI, Journal of Computational Science and Technology, 4, pp. 11-24 (2010)
  • Polycrystalline behavior analysis of pure magnesium by the homogenization method, Yuichi TADANO, International Journal of Mechanical Sciences, 52, pp. 257-265 (2010)
  • Influence of twinning deformation and lattice rotation on strength differential effect in polycrystalline pure magnesium with rolling texture, Tsuyoshi MAYAMA, Kazuya AIZAWA, Yuichi TADANO, Mitsutoshi KURODA, Computational Materials Science, 47, pp. 448-455 (2009)
  • Improvement in formability of aluminum alloy sheet by enhancing geometrical hardening, Kengo YOSHIDA, Yuichi TADANO, Mitsutoshi KURODA, Computational Materials Science, 46, pp. 459-468 (2009)

研究業績一覧はこちら
所属学会
日本機械学会 (JSME)
日本計算力学連合 (JACM)
日本計算工学会 (JSCES)
日本材料学会 (JSMS)
日本塑性加工学会 (JSTP)
日本鉄鋼協会 (ISIJ)
非線形CAE協会 (JANCAE)
学会等における活動
第9期非線形CAE勉強会運営委員 (2006年4月〜2006年6月)
第10期非線形CAE勉強会運営委員 (2006年9月〜2006年11月)
第12回計算工学講演会実行委員 (2006年9月〜2007年5月)
日本計算工学会 会誌委員会委員 (2006年12月〜継続中)
第11期非線形CAE勉強会運営委員 (2007年2月〜2007年6月)
第12期非線形CAE勉強会運営委員 (2007年9月〜2007年12月)
第13回計算工学講演会実行委員 (2007年9月〜2008年5月)
2008年度日本機械学会年次大会実行委員(計算力学部門) (2007年8月〜2008年8月)
第13期非線形CAE勉強会運営委員 (2008年2月〜2008年6月)
第21回日本機械学会計算力学講演会実行委員 (2008年4月〜2008年11月)
日本材料学会 塑性工学部門委員 (2009年4月〜継続中)
第15回計算工学講演会講演会会場運営委員 (2009年9月〜2010年5月)
日本計算工学会 評議員 (2010年4月〜2014年3月)
第18期非線形CAE勉強会運営委員 (2010年9月〜2010年12月)
非線形CAE協会 連続体力学・基礎研究会指導担当 (2011年1月〜2013年3月)
日本機械学会 九州支部学生会顧問 (2011年4月〜2014年3月)
日本機械学会 A-TS01-13九州地区計算力学研究会幹事(2011年4月〜2016年3月)
第20期非線形CAE勉強会運営委員 (2011年9月〜2011年12月)
日本機械学会九州支部第65期総会・講演会実行委員 (2011年9月〜2012年3月)
第22期非線形CAE勉強会運営委員 (2012年9月〜2012年12月)
第26回日本機械学会計算力学講演会実行委員会幹事 (2012年5月〜2013年11月)
日本計算工学会 会誌委員会副幹事 (2013年6月〜2014年3月)
第24期非線形CAE勉強会運営委員 (2013年9月〜2014年1月)
Scientific Committee of 5th International Conference on Computational Methods (2014年1月〜2014年7月)
日本計算工学会 会誌委員会幹事 (2014年4月〜2015年3月)
日本計算工学会 代表会員 (2014年4月〜継続中)
Scientific Committee of 6th International Conference on Computational Methods (2014年9月〜2015年7月)
Scientific Committee of 7th International Conference on Computational Methods (2015年11月〜2016年8月)
日本計算工学会 会誌委員会幹事 (2016年4月〜2017年3月)
Scientific Committee of 8th International Conference on Computational Methods (2016年11月〜2017年7月)
金属塑性の理解とモデリング 〜大橋鉄也先生記念シンポジウム〜 実行委員 (2017年3月〜2017年8月)
社会貢献等
佐賀大学ものづくり技術者育成講座講師 (2008年6月〜2014年3月)

最終更新日:2017年10月11日
PAGETOP